Ruby on Railsメモ|I18n

調べたもののメモです
随時更新

I18n入門的な事

フラッシュメッセージの日本語化(controllerのリテラルを日本語化)

フォルダとファイルを作成
(最初にmodelsフォルダを作って仕分けをしたのでcontrollerも分ける)

HTMLを含めた出力

キーに「_html」を付ける
(もちろんリンク以外でもOK)

モデルの属性名を取得

モデルの属性名を他のリソースのviewから参照したい!


RoRT・8章のログインフォームと見比べて、emailとpasswordが日本語表示に変更できている!
→モデル名.human_attribute_name(属性名)
 指定のモデルの属性名を表示
→モデル名.model_name.human
 指定のモデル名を表示

同一コントローラー内のすべてのアクションから参照させたい

これ、難しく考えなくてもネストの通りにキーを省略しないで指定すればどこからでも呼べるね。
上記のも間違いではなくて、I18nのymlの書き方は思ったより自由(?)臨機応変(?)で良さそう。
そしてtメソッドをオーバーライドして自分で定義することもできるそうだ。
スゴイ。